×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

麻雀ゲームNAVI麻雀ゲームの流れ

一局の終了

麻雀ゲームの1局は、配牌ドラ表示理牌ツモと捨牌と進んでいきます。

そして、誰かが和了する(アガる)か、牌山の残りが14枚になったのに誰もアガれていない状態になると、そこで1局が終了です。

和了による終了

4人のプレーヤーの内誰かが、4面子1雀頭をそろえ、なおかつ1翻以上の役を完成させて和了すると、1局は終了です。

親がアガった場合は、もう一度同じ人が親となって、新たな1局が始まります。(これを連荘といいます。)

親以外の人がアガった場合は、親が右隣に移動した上で、新たな1局が始まります。

流局

牌山の残りが14枚になったのに誰もアガれていない状態を流局といいます。

このとき、親が聴牌(テンパイ)していれば、もう一度同じ人が親となって、新たな1局が始まります。(連荘)

親がテンパイしていない場合は、親が右隣に移動した上で、新たな1局が始まります。

ノーテン罰符

テンパイしていないことをノーテンといいます。

流局時に、テンパイしているプレーヤーがいる場合、ノーテンプレーヤーはテンパイ者にノーテン罰符を支払います。

0人テンパイ
ノーテン罰符は発生しません。
1人テンパイ
ノーテンの3人は、一人あたり1000点、3人合計で3000点の罰符をテンパイ者1人に支払います。
2人テンパイ
ノーテンの2人は、一人あたり1500点の罰符を支払い、、テンパイ者2人は一人あたり1500点の罰符をもらいます。
3人テンパイ
ノーテンの1人は、テンパイ者3人に対して、一人あたり1000点の罰符を支払います。
4人テンパイ
ノーテン罰符を払う人がいないので、テンパイしてもノーテン罰符はもらえません。