麻雀ゲームNAVI麻雀ゲームの流れ

槓(カン)

麻雀ゲームで手の内に刻子があるときに、他のプレーヤーの捨てた牌をもらって槓子(カンツ:同じ牌4枚で作るメンツ)を作り、これを卓上にさらすことを、槓(カン)といいます。{もっと細かく正確に言えば大明槓(ダイミンカン)です。}

カンの仕方

ゲームでは、ほしい捨て牌が卓上に置かれた瞬間に間髪入れず「カン」と発声します。

その後、「ほしい牌」を持ってきて、手の内から刻子を取り出し、この4枚の牌を卓の手前側の右端におきます。

このとき、4枚の牌の内1枚を、誰から鳴いたかを明らかにするために、横向きにします。

その後、手の内から不要な牌を1枚捨てます

例えば、中(チュン)をカンした場合は、4枚の牌の置き方は以下のようになります。

1.自分の左側のプレーヤー(上家:カミチャ)からカンした場合
中(チュン)中(チュン)中(チュン)中(チュン)…4枚の中(チュン)の内、一番左の牌を横向きにします。
2.自分の向かい側のプレーヤー(対面:トイメン)からカンした場合
中(チュン)中(チュン)中(チュン)中(チュン)…3枚の中(チュン)の内、両端を除く真ん中の2牌の内1枚を横向きにします。
3.自分の右側のプレーヤー(下家:シモチャ)からカンした場合
中(チュン)中(チュン)中(チュン)中(チュン)…3枚の中(チュン)の内、一番右の牌を横向きにします。

カンの後のツモ番

カンがあったときは、ツモの順番は、カンをした人の下家に移ります。

カンによってツモ順が変わるため、カンがない場合に比べて、ツモの回数が増える人とと減る人が生じます。

カンの種類

ところで、カンには3種類あります。

このページでここまで説明してきたのは、カンの中でも、他のプレーヤーの捨て牌を利用するため食い(鳴き)の部類に入る「大明槓(ダイミンカン)」です。

他に、ツモだけで同種の牌を4枚そろえて行う暗槓(アンカン)、自分がポンした牌と同じ牌をツモってきてこれにくっつける小明槓(ショウミンカン)があります。

どちらも、「カン」と発声して、同種牌4枚を卓の手間右端におきますが、置き方は異なります。

アンカンの場合は、まず4枚の牌を全て表向きにして「カン」正確に行われたことを他のプレーヤーに見せ、その後、両端の2枚を裏返します。

ショウミンカンの場合は、ツモった牌を、ポンをしたときに横向きに置いた牌の卓の中央側にくっつけて、同じように横向きにおきます。