麻雀ゲームNAVIアガリ(和了)入門聴牌(テンパイ)形

嵌張(カンチャン)待ち

嵌張(カンチャン)待ちは麻雀ゲームの聴牌形基本5種の内の一つです。

3面子(メンツ)と雀頭が揃っていて、余っている2枚の数牌の差が2である場合を言います。2枚の数牌がそれぞれ示す数の真ん中(平均)の数を表す数牌を持ってくればアガリ(和了)となります。

嵌張(カンチャン)待ちの例
中(チュン)中(チュン) ペーペーペー 四筒五筒六筒 五索六索七索 七索九索
この例では、七索九索はそれぞれ7と9を表しますから、その差は2。したがって、七索九索は嵌張(カンチャン)です。

嵌張(カンチャン)待ちの
アガリ牌の枚数

嵌張(カンチャン)待ちのアガリ牌の枚数は、1種類4枚です。上の例では、八索の1種類、計4枚の牌で和了(アガリ)になります。

嵌張(カンチャン)搭子

上の嵌張(カンチャン)待ちの例で七索九索の部分を嵌張(カンチャン)搭子といいます。

搭子(ターツ)とは、あと1枚持ってくれば順子になるような2枚の牌の組み合わせです。七索九索は、この「あと1枚」が2牌の間に嵌まる(ハマル)形になるので嵌張搭子と呼びます。