麻雀ゲームNAVIアガリ(和了)入門

メンツとアタマ

アガリ入門でみたように、麻雀ゲームでの和了に必要な4面子1雀頭についてもっと詳しく見ていきます。

面子(めんつ)

メンツとは、牌3枚の組み合わせのことです。

これには大きく分けて2種類あり、続き番号となる数牌3枚のセットである順子(シュンツ)と、同じ牌3枚のセットである刻子(コーツ)があります。

さらに刻子には、手の内だけでそろえてつくった暗刻と、他のプレーヤーの捨てた牌を利用してつくった明刻があります。
また、コーツが発展してできた、同じ牌4枚の組み合わせであるカンツ(槓子)もメンツです。

面子の例

順子
一萬二萬三萬 三索四索五索 五筒六筒七筒など
刻子
シャーシャーシャー 八索八索八索 四萬四萬四萬など
槓子
シャーシャーシャーシャー 四萬四萬四萬四萬など

※ちなみに、槓子は全て手の内でそろえたものであっても、必ず手の内から自分の右側に出して、場にさらします。

対子(トイツ)

同じ牌2枚の組み合わせを対子(トイツ)と呼びます。

対子は、もう一枚同じ牌を持ってきて刻子に発展させることができます。また、そのままの形で雀頭としても使うことができます。

対子・雀頭の例