麻雀ゲームNAVI麻雀ゲームの流れ

理牌(リーパイ)

親が決まって配牌をとったところで麻雀はゲームスタートです。

ここから、4面子1雀頭をそろえる戦いが始まるのですが、配牌をしっかり把握しないと始まりません。

そのためには配牌や手牌をなるべく見やすく並べないといけません。

この作業を理牌(リーパイ)といいます。

理牌の例

配牌でとってきた13牌(親は14枚)をそのまま並べると、普通は下のように、牌の種類や順番が全く整理されていません。
ナン九索二萬発(ハツ)四筒四索四萬ペー三筒発(ハツ)四索六萬

これを、萬子筒子索子字牌のべつに整理します。さらに、萬子、筒子、索子の牌は、それぞれ、小さい数を表す牌を左に置くようにして並び替えます。すると、以下のように整理されて見やすい形になります。
二萬四萬六萬ナンペー発(ハツ)発(ハツ)三筒四筒四索四索九索

理牌時の注意点

理牌は、自分にとってわかり易いように手牌を並び替えれば、それでよいのです。

しかし、並べ方によっては、他のプレーヤーから手の内を見破られる可能性が高くなります。

特にその可能性が強まるのは、字牌や安全牌を他の手牌から離して右側に置くことです。
二萬四萬六萬三筒四筒四索四索九索(空間)ナンペー発(ハツ)発(ハツ)
このようにしてしまうと、字牌や安全牌の枚数がばれてしまうことがあります。

理牌時には、字牌や安全牌を、手牌の真ん中あたりにおくようにしたほうがいいです。