麻雀ゲームNAVIアガリ(和了)入門

聴牌(テンパイ)形

麻雀ゲームでは、4面子1雀頭を完成させるとアガリ(和了)です。

ところで、アガル(和了する)時は、最後の一枚の牌を自分で持ってくるか他のプレーヤーから取るので、手牌の形は次のどれかになります。

  1. [3面子1雀頭]+[あと1枚持ってくれば順子になるような2枚組みの牌のセット]
  2. [3面子]+[あと1枚もってくれば刻子1つと麻雀頭が完成するような2つの対子]
  3. [4面子]+[あと1枚同じ牌を持ってきて雀頭にしたい余り牌]

1.2.3.のように、「あと1枚だけ牌をもってくれば4面子1雀頭が完成してアガリ(和了)となる状態を聴牌(テンパイ)といいます。

また、[あと1枚持ってくれば順子になるような2枚組みの牌のセット]のことを搭子(ターツ)といいます。

[あと1枚もってくれば刻子1つと麻雀頭が完成するような2つの対子]のことをシャンポンといいます。 また、[あと1枚同じ牌を持ってきて雀頭にしたい余り牌]のことを単騎(タンキ)といいます。

1の例
中(チュン)中(チュン) ペーペーペー 四筒五筒六筒 五索六索七索 七索八索
この場合は、七索八索の部分が搭子(ターツ)です。六索九索を持ってくると、4面子1雀頭が完成してアガリ(和了)となります。
2の例
四筒五筒六筒 五索六索七索 七索八索九索 中(チュン)中(チュン)ペーペー
この場合は、中(チュン)中(チュン)ペーペーの部分がシャンポンです。中(チュン)をもってくれば、中(チュン)中(チュン)中(チュン)という刻子(メンツ)とペーペーという雀頭ができます。また、ペーをもってくればペーペーペーという刻子と中(チュン)中(チュン)という雀頭ができます。いずれにしても、4面子1雀頭が完成します。
3の例
ペーペーペー 四筒五筒六筒 五索六索七索 七索八索九索 中(チュン)
この場合、中(チュン)単騎(タンキ)の形になっていて、もう一枚中(チュン)をもってくれば、4面子1雀頭が完成してアガリ(和了)となります。

搭子(ターツ)の分類

搭子(ターツ)はさらに以下の3種類に分かれます。

聴牌形基本5種

結局、麻雀での聴牌(テンパイ)形は以下のように整理することができます。

次の記事»
シャンポン
«前の記事
アガリ(和了)の形